終活しようと思ったらまず考えるべきこととは

残していく大切な人のために貴方がするべきことがあります

終活が必要な理由とは

死ぬということを簡単に受け入れられる人なんていません。 でも必ずやってくることです。それを受け入れることができるかということすら無視してやってきます。 そのための準備と言われても、心の整理もつかないし実感もわかないもの。 でも就活は大切な作業です。心を整えて行う必要のあることです。

心を整えることの重要性

人間の寿命は平均的なものに関しては統計などから推測することも可能ではあります。
でも、それは全ての人に当てはまるものではありません。
生まれながらに持病を抱えた人もいます。体質もあります。環境による心身の影響を持つ場合もあります。
それだけではありません。
近年は大災害も多く、災害によって命を落とす方もいます。それも稀なことではありません。いつ起きるともわかりません。
人の一生は風の前の塵と同じだと先の偉人も言っていましたが、風にも人の命の期限など分からないでしょう。
だからこそ自分が天に召された後、家族が困らないよう、また大切な人へ思いを伝えるため、就活は必要です。
ただし、今生きている人がその後のことを考えながら準備せよと言っても、想像もつかないことばかりです。
想像がつかないことというのは、どうもやる気になれないものが多いところです。
大きなことをするよりも、まず身近なところから始めてみませんか。
例えば就活としてだけでなくても、今自分が思っていることを日記にしてみる。
その日記の中で、時々思う就活について書いてみる。もしくは家族への想いをつづってみる。
そんな小さなきっかけから就活を始めることもできます。
また日記が苦手なら、メモに書いて保存しておくというのも一つです。
このように就活と言ってもその方法は人の数ほど存在しています。
誰かと同じでも良いですし、自分なりの方法でも良いのです。決まりはありません。
自分なりの就活を一緒に考えてみませんか。

身の回りを整えること

自分の周辺を整理するのは、簡単だと思っていませんか。 実は一番大変なのが思い出の詰まった品物の整理です。 自分が亡くなった後、誰がするのでしょう。これ一番時間がかかって煩わしいものだったりします。 寂しくならない程度に適度に身辺整理する術を紹介します。

残された大切な人達に向けて

大切な家族や思いを共有した友などに気持ちを伝えるのは中々気恥ずかしさもあってできないことですね。 でも本当に伝えたい気持ちはあるでしょう。 せめて元気なうちに伝えたい思いを残しておきませんか。 何があるか分からないからこそ、今あなたの想いを残す手段を考えてみましょう。

TOPへ戻る